釣り部屋おじゃましま~す 第1回:赤羽修弥

赤羽博物館、いや記念館? いやはやウェアハウスとでも呼ぶべき空間がそこにある。国内では1970年代に火が点いたバスフィッシング界を現在に至るまで見つめ続けている生き証人、赤羽修弥さんの釣り部屋を今回カメラが潜入! およそ半世紀に渡り、共に過ごしてきたすべての歴史がそこにある。おそらく世界を探しても類を見ないTHE BASS FISHING HERITAGE。その貴重映像をぜひご覧いただきたい。

本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

0